ETCカードの使いまわし


トップページ > ETCカードの使いまわし行為について
たった30秒でわかるあなたにぴったりのETCカード診断
当サイトからのETCカード申込数ランキング
おすすめETCカード一覧
ETCカードを条件で選ぶ
ETCカードの基礎知識

ETCカードの使いまわし行為について

ETC車載機さえあればどの車でも使えます!

ETCカードは1枚しか持っていないけど、車は複数持っているという方もいらっしゃるでしょう。じゃあそういう人は「車の数だけカードも持っておかなければいけないの?」と思うかもしれませんが、実はETCカードはETC車載器が付いている車でならどれでも使う事が出来るのです。

もちろん、車載器が搭載されていれば「他人の車」でもETCカードを差し込んで使用可能。最近ではレンタカーなどでもETC車載器が付いている車が多くなっていますので、ETCカードを1枚携帯していれば旅行中のレンタカー内でもラクラク&ETC特別割引の適応でお得なのです。

また、これは豆知識ですが、実はETCカードは車載機無しでも使えちゃいます。この場合ETC特別割引の適応外とはなりますが、料金所でETCカードを手渡しすることで、料金所のスタッフの方がカードを機械に通して清算してくれるので常に携帯してると何かと便利なのですよ。


大型・中型・普通自動車で料金は違うはずですが。

高速道路や有料道路では、車の大きさで料金が違うのは皆さんもご存じでしょう。

ETCカードが使いまわし出来るのなら全て普通車の料金で通過できちゃうんじゃ…?と思ってしまう方もいると思いますが残念!ちゃんと車の大きさは判別されてしまうのです。

というのも、車の大きさや車種・色などの情報が記憶されているのは、ETCカードではなく、車に搭載されている「ETC車載機」なんですね。例えば大型車のETC車載機には「大型車・トラック」などと記憶されていて、ゲート通過時に車載機が「大型車のトラックが1台通ります!」とゲート内の機械に送信するので、翌月末の料金請求時にはきちんと車の大きさに合った料金が請求されるというわけです。

そういった意味でもETC車載機は非常に大きな役割を持っていると言えます。車載機はきちんと認定を受けた取扱店(車屋)で取り付けたほうがよいというのもこれが理由なのです。もし大型車に搭載した車載器にも間違えて「普通車」と登録して搭載してしまっていた場合、詐欺罪などに問われる可能性もあるので注意したいところです。


  • 当サイト限定企画!申込数が今多いカードは? →ETCカード申込数ランキング
  • ガソリンの高騰が続く今…大活躍するのはこのカード →ガソリン割引カード
  • 結局どのカードにすれば良いのか分からないという方は →汎用性の高いカード